国際エクササイズサイエンス学会

目的

この学会は、運動科学、リハビリテーション科学、医療にかかわる理学療法、作業療法、体育等に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、内外の関連 学会との連携協力等を行うことにより、運動科学、リハビリテーション科学・医療の進歩 普及を図り、もって、わが国の学術の発展に寄与することを目的とする。

 

活動の種類

この学会は、前条の目的を達成するため、次の種類の活動を行う。

(1)運動科学、リハビリテーション科学に関する学術教育活動

(2)運動科学、リハビリテーション科学に関する普及活動

(3)その他、目的を達成するために必要な事業 (事業の種類)

 

事業の種類

この学会は、第3条の目的を達成するため、活動に係る事業として、次の事業を行う。

(1)学術活動に関する事業

(2)運動科学、リハビリテーション科学の公益事業

(3)その他目的を達成するために必要な事業

活動目的と活動内容

事務局 Email: acarehacenter[a]yahoo.co.jp (メールを送る際は[a]を@に変えてお送りください)

© 2017 Rehabilitation Academic Center. All Rights Reserved.

国際エクササイズサイエンス学会
  • リハビリ専門職の方
事務局 Email: acarehacenter[a]yahoo.co.jp (メールを送る際は[a]を@に変えてお送りください)
  •  

国際エクササイズサイエンス学会

目的

この学会は、運動科学、リハビリテーション科学、医療にかかわる理学療法、作業療法、体育等に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、内外の関連 学会との連携協力等を行うことにより、運動科学、リハビリテーション科学・医療の進歩 普及を図り、もって、わが国の学術の発展に寄与することを目的とする。

 

活動の種類

この学会は、前条の目的を達成するため、次の種類の活動を行う。

 (1)運動科学、リハビリテーション科学に関する学術教育活動

(2)運動科学、リハビリテーション科学に関する普及活動

(3)その他、目的を達成するために必要な事業 (事業の種類)

 

 

事業の種類

この学会は、第3条の目的を達成するため、活動に係る事業として、次の事業を行う。

(1)学術活動に関する事業

(2)運動科学、リハビリテーション科学の公益事業

(3)その他目的を達成するために必要な事業

 

 

事務局 Email: acarehacenter[a]yahoo.co.jp (メールを送る際は[a]を@に変えてお送りください)